やっと煮汁を使い切る再利用法を見つけた!手間なく1品増やせる

煮物が食べたくなったので、シイタケ・ニンジン・里芋・ゴボウ・厚揚げ・ちくわでササッと作ってみました。まあササッとと言っても、味を染み込ませるために沸騰したら火を止めて、冷めてきたらまた火をつけてを30分ほどは繰り返したので、そんな手早く出来てるわけでもないんですが。

野菜をいっぱい取りやすいですし、肉類がなくても満足感が結構高いので、煮物って思ったよりヘルシーですよね。まあしょっぱい味付けが好きなので、塩分的にはそこまでヘルシーじゃなさそうですけど、それは煮物が悪いというより私の好みが悪いだけですし。

ただ、毎度のことながら、煮汁がいっぱい余るのが気になるんですよね。煮汁が痛む前に再利用しようにも、短期間に何度も煮物続くと飽きますし、煮汁が減ってくると、それはそれで具材が浸らないので味がまばらになったりしちゃいますし。

出汁を取った昆布を再利用

どうしようかと考えていたら、出汁を取った昆布を刻んで、たっぷりの鰹節と一緒に煮ると、余すことなくもう1品増やせる、と言う情報を発見。丁度家にあるのは、パックに小分けにされてる鰹節じゃなくて、大袋に入ってる鰹節なので、早速試してみると、鰹節が煮汁を吸って、綺麗に煮汁を使い切ることが出来ました。

ただこれ、味が濃い目の煮汁を全部吸ってますし、味はかなり濃いです。おかずと言うよりは、ちょびちょびつまんでご飯に乗せて食べる感じにすると良いですかね。しかし煮物の懸念だった煮汁あまりの問題が解消できたのは嬉しいところ。これからは気が向いたら気軽に煮物を作ろうと思います。